細則

(趣旨)
第1条 この細則は、協同教育学会会則に基づく本会の運営を円滑にするため必要な事項を定める。

(個人会員の入会の承認)
第2条 個人会員の入会の承認は、理事会の議により、入会申込みの都度、事務局が行う。ただし、事務局の処置に不都合があった場合、理事会はその承認を取消すことができる。
2 前項の入会の承認は、入会申込書の受理並びに入会年度会費の納入を条件とする。

(個人会員の資格)
第3条 個人会員の資格は、前条による入会の承認の後、入会年度から始まる。
2 前項の会員の資格は、前年度の会費が未納のとき停止し、3年度を超えて会費が未納となった場合は、自動的に退会とする。

(顧問の選任手続き及び任期)
第4条 顧問は、会長の発議により、理事会の議を経て就任を認める。
2 選任された顧問は直近の総会において追認される。ただし、追認されない場合は資格を取り消すことができる。
3 顧問の任期は、3年とし、再任を妨げない。

(総会構成員の資格)
第5条 総会の構成員は、当該総会の開催日の4週前において前条に定める会員の資格を有する個人会員とする。
2 前項に定める構成員(以下「総会構成員」という。)以外の者が総会に出席することを妨げない。ただし、その者は、議事決定の際の採決及び第6条に定める役員選出の投票に加わることはできない。
3 事務局は、総会の開催の3週前までに総会構成員の名簿を作成し、関係者の縦覧に供するものとする。

(役員の選出)
第6条 役員の選挙期間は、改選年度の大会前とし、理事会は役員選挙管理委員会を設置する。
2 役員選挙管理委員会については別に定める。
3 選挙により選出された理事は、互選により会長を選出する。
4 新会長は、選挙で選出された理事に加え、必要に応じて5名まで 理事を指名することができる。
5 選挙で選出された理事と、新会長指名の理事により、新理事会を構成する。

(役員選出の業務)
第7条 役員の選出に関する業務は、役員選挙管理委員会の指導のもと事務局が掌る。

(理事会)
第8条 理事会は、毎年度定例総会の前に定例会を開催し、役員選挙の期日の後の会長選出、理事会及び理事選出のための特別会を開催するほか、必要がある場合に臨時会を開催する。
2 理事会は、理事の過半数の出席により成立する。
3 理事会の議事の決定は、出席の理事の過半数の同意を要する。
4 臨時理事会は、通信の方法により実施することができる。

附 則
1 この細則は、2004年5月7日から施行する。
2 この細則の変更は、2010年4月1日から施行する。
3 この細則の変更は、2013年11月30日から施行する。
4 この細則の変更は、2017年10月28日から施行する。
5 この細則の変更は、2018年11月17日から施行する。

日本協同教育学会は、日本学術会議協力学術研究団体です。